韓国を小ばかにしたチリのお笑い番組に批判殺到=韓国ネット「露骨なアジア嫌悪」

Record China    2021年4月15日(木) 12時20分

拡大

13日、韓国・ソウル新聞などは、韓国の人気グループ・BTSをネタにしたチリのお笑い番組に批判が殺到していると伝えた。写真はBTS。

2021年4月13日、韓国・ソウル新聞などは、韓国の人気グループ・BTSをネタにしたチリのお笑い番組に批判が殺到していると伝えた。

記事によると、10日(現地時間)に放送されたチリのお笑い番組「MiBarrio」で、お笑い芸人5人がBTSメンバーに扮してインタビューをするコーナーが登場した。司会者が自己紹介をお願いすると、彼らはそれぞれ「キム・ジョン・ウノ(Kim Jong-Uno)」、「キム・ジョン・ドス(Kim Jong-Dos)」、「キム・ジョン・トレス(Kim Jong-Tres)」などと答えた。

記事は「これは北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)氏の名前に、スペイン語の1(uno)、2(dos)、3(tres)、4(cuatro)をつけて言葉遊びをしたもの」と説明し、「北朝鮮と韓国を区別しない無知なギャグだ」と批判している。

これに対し、司会者が「本当の名前は何か」と聞くと、彼らは「V」、「JUNG KOOK」、「J-HOPE」、「JIN」と答え、BTSのパロディーであることを知らせた。

さらに司会者が「韓国語はできるの?」と尋ねると、 1人が中国語をまねて話し始め、意味を尋ねられると「私はワクチンを打った」と言って親指を立てたという。

その後、チリのBTSファンらによりこの事実がSNS上に広まり、当該番組と出演者らに対する非難が殺到した。チリのBTSファンアカウントは放送局にも正式に抗議しており、放送局側は「ユーモアはパンデミックによるつらい時期を乗り越えさせてくれる」とした上で、「誰かを不快にしたり侮辱したり傷つける意図ではなかった。引き続き改善し、学び、耳を傾けていきたい。 視聴者の方々に楽しみを与えるという目標のため、肯定意見も批判意見も全て受け入れる」と釈明したという。

これを受け、韓国のネット上では「BTSの名前を打って視聴率を上げるんじゃなくて、露骨なアジア嫌悪番組をつくった」「自分たちの品格を下げているということに気付かないのだろうか」「今日から絶対にチリワインは飲まない」など批判の声が相次いでいる。

一方で「気にすることない」「コメディーはコメディーにすぎない。変に劣等感を持つまでもない。堂々としていよう」など「意に介さない」とのコメントも。

その他「アジア人が黒人をマネしたらユーモアと言われるのに、外国人がアジア人をマネしたら人種差別なの?」と指摘する声も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携