新エネ車の使用済み電池が大量に闇市場へ、中国ネット「これで環境に優しい?」

Record China    2021年4月15日(木) 8時20分

拡大

中国版ツイッター・微博で13日、新エネルギー車の使用済み電池が大量に闇市場に流れているとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示した。資料写真。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で13日、新エネルギー車の使用済み電池が大量に闇市場に流れているとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示した。

新華網の微博アカウントによると、中国の2020年の新エネ車販売は136万台に上り、今年第1四半期は51万5000台と前年同期の3.8倍になった。ただ、使用済み電池の回収には問題があり、業界関係者は「20年までに使用済みになった約20万トンの多くが小さな作業場など非正規のルートに流れ込み、安全と環境が危険にさらされている」と指摘。同アカウントは「新エネ車の『爆発的成長』で『爆発的汚染』がもたらされることをいかに回避するか」として、警戒を呼び掛けている。

これに中国のネットユーザーからは「国は政策を打ち出して使用済み電池を管理しなければ。さもないと環境に大きな影響を及ぼすことになる」「回収トレーサビリティ制度を構築してほしい」という声や、「これで環境に優しいと言えるのだろうか」「どんなテクノロジーの発展も前提とすべきは環境保護」「使用済み電池による汚染レベルは排ガスに劣らない!」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携