日本が原発処理水の海洋放出決定、国際原子力機関「危害回避に努力すべき」―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月13日(火) 14時50分

拡大

国際原子力機関の事務局長は、日本政府が福島原発の有害な処理水の海洋放出を決定する方針であることについて、「海洋環境、食品の安全性、人類の健康へのさらなる危害を回避すべく努力すべきだ」とした。資料写真。

国際原子力機関(IAEA)のグロッシー事務局長は12日、在ウィーン国際機関中国政府代表部の王群(ワン・チュン)大使と会談した際、日本政府が福島原発の有害な処理水の海洋放出を決定する方針であることについて、「IAEAはこの事に対する各国の懸念に留意しており、このことが世界中から注視されていることを理解している。IAEAとしてこれに対して公正で客観的かつ科学的な方法で評価・監督作業を積極的に進めたい。またその過程において、各利害関係者と意思疎通を強化したい。当面は、この事によって海洋環境、食品の安全性、人類の健康へのさらなる危害を回避すべく努力すべきだ」とした。

王大使は、「原発処理水の海洋放出決定という日本の方針に対し、すでに中国外交部報道官は懸念を表明した。IAEAが評価・監督面で重要な役割を果たすことを中国は支持する。また、周辺国として、中国と他の全ての利害関係国がIAEAによる評価・監督に関与するのは当然のことだ」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携