中国の若者は西洋文化から疎遠になりつつある―独メディア

Record China    2021年4月12日(月) 7時0分

拡大

10日、環球網は、「中国の若者は西洋文化から離れつつある」とドイツ紙が報じたことを伝えた。

2021年4月10日、環球網は、「中国の若者は西洋文化から離れつつある」とドイツ紙が報じたことを伝えた。

記事は独紙ミュンヘナー・メルクーアの9日付文章を引用。西洋文化はこれまで中国の若者が西洋を学ぶ上で大きなパワーとなってきたものの、今では米国の対中政策に怒りを感じるだけでなく、西洋の社会や西側の政治的思惑に対しても不満を抱き、西洋に対する信頼を失っているとした上で、この状況が中国の国内政治や米中関係に対し深い影響を生み出していると伝えた。

そして「調査データには欠けるものの、多くの側面から中国の若者による欧米離れが見て取れる」とし、その要因について米国で頻発しているアジア系住民に対するヘイトクライムが中国国内で広く注目されていること、そして欧米諸国の新型コロナ感染対策が後手後手に回っており、西洋の制度ではもはや重大な問題を解決できないことから、中国の若者たちが「中国モデル」の優位性を意識し始めたと指摘。「良好な教育を受けた海外在住の若者の多くが、中国に戻り始めている」とした。

また、このほど西洋のブランドが人権問題を理由に「新疆綿」の不使用を表明したために中国人の怒りを買い、該当ブランドの不買運動に発展したことにも言及。「総じて、西洋のブランドは中国の消費者の文化的嗜好にもっと適応していなければならない」とした上で、中国のある広告代理店関係者が「中国の若者は西洋的なコマーシャルや記号の影響を受けなくなっている。製品や広告のデザインにおいて、彼らはより中国らしさ、オリエンタルな要素を好むようになった」と語ったことを紹介している。

記事は最後に、ファッションのみならず流行音楽の分野においても、現在の中国の若者は西洋のものではなく、日本や韓国の潮流に影響を受けるようになったとも伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携