中国系男女2人が銃で撃たれ死亡、犯人は現場で20秒「死んだかどうか確認」―米国

Record China    2021年4月10日(土) 13時20分

拡大

米カリフォルニア州ロサンゼルスの飲食店で5日(現地時間)、中国系の男女2人が銃で撃たれ死亡する事件が起きた。

米カリフォルニア州ロサンゼルスで5日(現地時間)、中国系の男女2人が銃で撃たれ死亡する事件が起きた。米華字メディア・世界日報などが伝えた。

報道によると、現場はロサンゼルス市内の飲食店。被害者の2人が店に入り席に着くと、ほどなくして黒縁のメガネをかけ、手に紙袋を持ったジン・イーシン容疑者が現れた。アジア系と見られるジン容疑者は、2人の席に近づくと紙袋から銃を取り出し、男性に向けて発砲。男性はテーブルの上に倒れた。阻止しようとした女性もジン容疑者に突き飛ばされた後に撃たれた。

ジン容疑者はその後も倒れた2人に向けて数発発砲した。記事は「最も身の毛がよだつことは…」と前置きした上で、同容疑者がすぐに現場を離れることなく、20秒ほどその場にとどまって2人が死亡したかどうかを確認していたことを伝えた。

報道によると、ジン容疑者はその後、メキシコとの国境付近で警察に逮捕された。警察は無差別殺人やヘイトクライム(特定の人種への憎悪犯罪)ではなく、被害者を狙った犯行だとの見方を示している。調べによると、殺害された女性はジン容疑者の妻で、2人の間には9歳と12歳の娘がいたという。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携