杭州のアジア競技大会主要3施設が完成、2つの「世界一」を実現―中国

人民網日本語版    2021年4月9日(金) 11時50分

拡大

浙江省杭州市銭塘江南岸で建設が進められていた2022年杭州アジア競技大会の3施設がこのほど竣工、検収が終了し、建設段階から大会サービス段階に入った。

(1 / 4 枚)

浙江省杭州市銭塘江南岸で建設が進められていた2022年杭州アジア競技大会の3施設(メインスタジアム・屋内プール・総合トレーニングセンター)がこのほど竣工、検収が終了し、建設段階から大会サービス段階に入った。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

これらの主要3施設および関連施設の建築総面積は、58万平方メートルに及ぶ。うちメインスタジアムと屋内プールは、両施設を連結するという設計プランが採用されており、世界最大規模の両施設連結・非線形構造となっている。総合トレーニングセンターの建物外観は、良渚文化(紀元前3500年-紀元前2200年頃にみられた長江下流域の新石器時代末期の文化)の代表的な玉器である「玉琮」をかたどったデザインとなっており、世界最大の「玉琮」建築物となる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携