台湾国防部「新潜水艦建造計画を欧州の複数国が支援」、海洋進出強める中国けん制狙う

Record China    2021年4月9日(金) 16時20分

拡大

台湾国防部は潜水艦の新規建造計画を欧州の複数の主要国が支援していることを明らかしにした。支援は海洋進出などを強める中国をけん制するのが狙いとみられる。

台湾国防部(国防省)は台湾による潜水艦の新規建造計画を欧州の複数の主要国が支援していることを明らかしにした。ロイター通信が伝えた。建造支援が米国からだけでないことを認めるのは異例。複数国がどの国を指すのかは分かっていないが、海洋進出などを強める中国をけん制するのが狙いとみられる。

台湾が最新鋭の潜水艦隊の建造に着手したのは、台湾への軍事的圧力を強める中国が本土と隔てる台湾海峡を越えて侵攻してくる事態に備えるためだ。計画している新造潜水艦8隻は現有4隻の後継。最初の艦の建造は昨年11月、南部の港湾都市・高雄の施設で開始された。同艦の試験航行は2025年に始まるとみられている。台湾の蔡英文総統は着工式で、建造計画を「台湾の強い意志を世界に示す歴史的な節目」と呼んだ。

ロイター通信によると、台湾の潜水艦の一部は第2次世界大戦時にもさかのぼる旧式で、艦の近代化に何年も取り組んでいる。米国政府は18年、この近代化計画に米メーカーが参加するのを承認。台湾が主要部品を確保するのを助ける動きと見なされている。ただ、関与する米企業名は明らかになっていない。

現有の潜水艦4隻のうち、2隻はオランダが1980年代に建造したが、同国はその後、さらなる潜水艦の売却を拒んできた。フランスもこれまでに台湾にフリゲート艦と戦闘機を売却。台湾は昨年、艦船のミサイル妨害システム最新化のため、フランスから機器購入の意向があると表明している。

欧州諸国は全般的に中国の不興を買うのを懸念して、台湾への武器売却承認には後ろ向きだった。一方で台湾は英領ジブラルタルに拠点を置く企業と新潜水艦の設計について協議しているとしていた。

台湾の潜水艦にはディーゼル・エレクトリック方式が採用される見通し。水上ではディーゼルエンジンを動力源としながら、潜航中は寿命の長いリチウムイオン電池で駆動する超静粛な電気モーターを使用する。米海軍や中国が配備を進める原子力潜水艦ではなく、ディーゼル・エレクトリック艦を選んだのは、台湾にとって簡単な選択だった。ディーゼル・エレクトリック艦は建造がより容易で、コストも低い。潜航時の騒音も電気モーターが原子炉より少ない。

米CNNによると、専門家はこうした静かな潜水艦なら中国軍の対潜戦(ASW)部隊による探知が難しいとの見方を示す。台湾海峡の海底付近に潜み、台湾に向かう中国の兵員輸送艦を狙い撃ちにできる可能性もある。新造艦にどんな技術が搭載されるのか正確なところはまだ不明だが、米国政府は昨年、台湾にMk48魚雷の取得を許可した。(編集/日向)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携