ホテルで寝ていたら顔に違和感、電気をつけたらおびただしい数の虫!―中国

Record China    2021年4月10日(土) 21時20分

拡大

中国四川省成都市のホテルで、客室に虫が大量発生する騒動があった。

中国四川省成都市のホテルで、客室に虫が大量発生する騒動があった。頭条新聞が7日付で伝えた。

鄭(ジョン)さん(男性)は3月31日、友人と共に同ホテルに宿泊。夜中にベッドで寝ていたが顔に何かが這うような違和感を覚えて飛び起きた。明かりをつけると、ベッドから床までおびただしい数の虫がいるのを発見。その日は乗ってきた自分の車の中で夜を明かしたという。

翌日、ホテルに「精神的苦痛を受けた」として2万元(約33万5000円)を要求したものの、ホテル側は「その日の宿泊代を無料にした上、3日分の宿泊代を賠償金として支払うと伝えた。彼の要求(2万元)は絶対に受け入れられない」とし、金額面で折り合いがついていない。鄭さんは消費者協会に相談するとしている。

中国のネットユーザーからは「怖すぎる。一生のトラウマだろう」「うわあ…もし自分なら失神してる」「2万元が安いと思ったのは初めて」「これは2万元要求する気持ちも分かる。ホテル側は誠意を見せよ」といった声が上がった。

一方で、一部のユーザーからは「ホテルは客の自作自演かどうかをきちんと調べてもらった方がよいのでは?状況が異常すぎる」「ゆすりじゃないのか。これだけの虫が出るならホテルはとっくに気付いているはずだし、他の部屋にも出るはず。夜中になると彼の部屋だけ出るっていうのはおかしい」と疑う声も出ている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携