アレルギー体質や妊活中の新型コロナウイルスワクチン接種について専門家が回答―中国

人民網日本語版    2021年4月8日(木) 6時50分

拡大

中国疾病予防管理センターの専門家は、新型コロナウイルスワクチンでアレルギー反応を起こす割合は高くなく、「アレルギー体質」や妊活中の人も接種できると回答した。

抗生物質アレルギーや花粉症、妊活中の人は新型コロナウイルスワクチンの接種を受けてよいのだろうか?ワクチンの副反応にはどのようなものがあるのだろうか?中国疾病予防管理センターの専門家は、新型コロナウイルスワクチンでアレルギー反応を起こす割合は高くなく、「アレルギー体質」や妊活中の人も接種できると回答した。新華社が伝えた。

中国疾病予防管理センター免疫計画センターの安志傑(アン・ジージエ)副主任によると、新型コロナウイルスワクチンはその成分に抗生物質を含んでいないため、抗生物質アレルギーの人に対して禁忌にはならない。アレルギー性鼻炎や花粉症といった一般的なアレルギー、いわゆる「アレルギー体質」に対しても、ワクチンの成分と直接的関係はないため、禁忌にはならない。

安副主任によると、ワクチンアレルギーの割合は高くなく、比較的良く見られるのはアレルギー発疹だが、速やかに回復する。アナフィラキシー・ショックなど深刻なアレルギー反応は発生率が低く、100万分の1以下となっている。それでも接種後30分間の経過観察が求められる。深刻なアレルギー反応はいずれも接種後15分前後で生じるため、万が一比較的深刻なアレルギー反応を起こした場合も、接種会場で速やかに応急処置を施して、不慮の事態を防ぐことができるからだ。

妊活中の人について、中国疾病予防管理センター免疫計画センターの王華慶(ワン・ホアチン)首席専門家は、「新型コロナウイルスワクチンの安全性について分かっていることからすると、妊活中の男女ともに新型コロナウイルスワクチンの接種を受けることができる。ワクチン接種後に妊娠が分かった場合、特別な医学措置は中絶を含め不要だ。これは国際的な共通認識でもある」としている。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携