女優のハ・ジウォンが画家デビュー、ソウル市内の展示会に牛を描いた作品を出品

Record China    2021年4月7日(水) 22時20分

拡大

5年前から趣味で絵を描いてきたという女優のハ・ジウォンが、画家としてデビューした。ソウル市内で開催中の展示会に、牛をテーマにした作品を3点出品しており、1点はすでに販売済みという。写真はハ・ジウォン。

5年前から趣味で絵を描いてきたという女優のハ・ジウォンが、画家としてデビューした。4月6日、韓国メディア・毎日経済が報じた。

記事によると、ハ・ジウォンは3月30日からソウル市内のアトリエで開催中の「牛行(ウヘン)Amulet展」に、牛を素材にした「Super Cowシリーズ」の3点を出品している。明るい色彩と力強い線で牛を特徴的に描いた作品であり、すでに1点が販売済みという。

展示会の紹介映像では、「早く世の中が元気になるよう、ポジティブなエネルギーを込めた」とし、「絵を通して癒やしを与えることができるかもしれないと思い、勇気を出して出展した」と語った。

プロの画家から学んでいるというハ・ジウォンは、自らも絵を描くことで癒やしを得ているという。新たな出演作品や役柄に対するプレッシャーも絵を描けば和らぐといい、役作りの上でも効果的だと語る。また、「絵は一つの言語でもあり、自分の思いをより自由に表現できる」とも話している。

今回ハ・ジウォンの絵を展示した背景には、展示企画会社レイビレッジの後押しがあったという。記事はその経緯について、「レイビレッジの担当者が所属事務所を訪ねた際に偶然ハ・ジウォンが描いた絵を目にして驚いたが、その後専門家の視点から見ても色彩感覚やタッチがすばらしいと分かり、数カ月説得した後に出展が決まった」と伝えている。

2021年の干支「丑(うし)年」にちなみ、牛をテーマにした作品を集めた今回の展示会には、暻園大学美術学科出身で歌手兼DJのク・ジュンヨプや俳優のハ・ジョンウも参加している。ク・ジュンヨプはマスキングテープを用いて牛の頭の形を立体的に表現した「Point of View by Cow」を、ハ・ジョンウは牛を個性的に描いた「グッドモーニング」を出品中という。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「ハ・ジョンウさんはすごく上手だけど、ジウォンさんは落書きのような…」「うちの子どもが描いた絵と似てる」「どんな人が購入したのか気になるな」「ハ・ジウォンはアクションシーンを演じてる時が一番輝いてる。絵は趣味で続けた方が…」など、絵の実力に対し厳しいコメントが寄せられている。

一方で「ハ・ジウォン大好き。でも最近は女優としての活動が減って残念」「彼女の内面にあるものを引き出して描いているのだから、すばらしい」「絵を描くことでストレス解消できるという意見には同意」「抽象画よりも写実画を先に描いてみてほしい」「私も絵を始めてみようかな」など、応援や共感の声も見られた。(翻訳・編集/丸山)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

エンタメ トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携