「時間の証人―南京大虐殺生存者肖像写真展」が開幕―中国

人民網日本語版    2021年4月6日(火) 20時10分

拡大

清明節にあたる4月4日、江蘇省南京市にある中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞紀念館3号臨時展示ホールで、「時間の証人―南京大虐殺生存者肖像写真展」が開幕した。

清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日)にあたる4月4日、江蘇省南京市にある中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞紀念館3号臨時展示ホールで、「時間の証人―南京大虐殺生存者肖像写真展」が開幕した。人々の心に訴えかけるような写真1枚1枚と、まさに血が滲むような思いで語られた証言のひと言ひと言が、これらの「時間の証人」の世界で展示されている。人民網が伝えた。

今年51歳になる写真家の速加氏は、南京生まれで、彼の先祖は抗日戦争(日中戦争)の際、幸運にも生き永らえたという。2016年3月、彼は中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞紀念館の依頼で、南京大虐殺生存者の肖像写真を撮影し始めたという。同展は7月4日まで開催される。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携