スリランカ在住の中国人が中国製ワクチンを接種するプロジェクト開始―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月6日(火) 21時40分

拡大

中国が海外に暮らす中国人に対してワクチン提供を進めるプロジェクト「春苗行動」が5日、「一帯一路」建設におけるシンボル的プロジェクトであるスリランカのコロンボ・ポートシティで正式に始まった。

中国が海外に暮らす中国人に対してワクチン提供を進めるプロジェクト「春苗行動」が5日、「一帯一路」(the Belt and Road)建設におけるシンボル的プロジェクトであるスリランカのコロンボ・ポートシティで正式に始まった。在スリランカ中国大使館の戚振宏大使やスリランカの薬品生産、供給、監督・管理担当相がセレモニーに出席し、中国人が中国産の新型コロナウイルスワクチンを接種する様子を見守った。新華社が伝えた。

在スリランカ中国大使館によると、スリランカ政府は、任意を原則に、同国に居住する中国人全員をワクチンの無料接種対象として、接種システムに組み込こんだ。

中国進出口銀行(中国輸出入銀行)の在スリランカ代表の馬翔氏は接種後、取材に対して、「『春苗行動』を通じて、海外に暮らす中国人に思いやりを示してくれた祖国に感謝している」と語った。

スリランカの医薬品担当相は、「数日で中国人数千人がスリランカでワクチン接種を受けることになるだろう」とした。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携