北京特有のクレマチスが開花―中国

人民網日本語版    2021年4月6日(火) 22時10分

拡大

清明節の間、門頭溝の崖に咲く白い花が風に揺れていた。

(1 / 2 枚)

清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)の間、門頭溝の崖に咲く白い花が風に揺れていた。灰色と黄色の崖に引き立てられ、ひときわ美しく輝いていた。京西林場森林資源保護科の曹治鋒科長は「3月30日頃にClematis acerifolia Maxim(クレマチスの一種)に蕾ができているのを見つけた。暖かくなり、この数日で崖全体に一気に花が咲いた」と述べた。北京日報が伝えた。

その他の写真

Clematis acerifolia Maximは、別名崖花で、ボタンやシャクヤクと同じキンポウゲ科で、多年生の花だ。早春に開花し、花びらが大きく優雅だ。環境への要求が厳しく、主に石灰岩の山の崖に生える。しかも乾燥に弱く、近くに水が流れていなければならない。そのため極めて希少価値が高く、北京市の1級保護植物になっている。

Clematis acerifolia Maximはすでに京西林場の重点保護対象になっている。曹氏によると、Clematis acerifolia Maximが生えている崖は今のところ一般には公開されていない。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携