観光客が勝手にタケノコ掘り、1本17万円請求される―中国

Record China    2021年4月6日(火) 22時20分

拡大

中国四川省で、勝手にタケノコを掘った観光客に地元住民が1本1万元の賠償を請求する騒動があった。

中国四川省で、勝手にタケノコを掘った観光客に地元住民が1本1万元(約16万8000円)の賠償を請求する騒動があった。中国メディアの頭条新聞が伝えた。

騒動があったのは4月4日。ガイドだという人物が明かしたところによると、自貢市成佳鎮(村)を案内した際、観光客らが竹林の中にタケノコを見つけて勝手に掘った。ガイドは一行の前方と後方にいて、掘り起こす現場は見ていなかったという。

その後、現地の村民から「許可なく掘った」として賠償請求を受けた。ガイドは仕方なく賠償に応じると返答したものの、村民は1本1万元を要求。現場で撮影された映像には「10本で10万元だ!」「自分が金で解決できるならそうすると言っただろう?金持ってるんじゃないのか?」といった怒号が飛び交う様子が映っている。

掘ったタケノコは25~30キロほどで、「市場価格では数百元(数千円)にも満たない」とガイドは説明した。村民はその後、5000元(約8万5000円)、3000元(約5万円)、2500元(約4万2000円)と要求金額を下げたがそれでも折り合いがつかず。騒動を聞き駆け付けた警察と地元政府の担当者が仲裁し、最終的に1500元(約2万5000円)を支払うことで合意したという。

この騒動に、中国のネットユーザーからは「25~30キロって、仕入れかよ」「窃盗旅行か」「25~30キロ?掘ったのは1本だけかと思ったら。本当に素養が低い」「他人の物を取るのは泥棒だってことを覚えておけ」「1本掘っちゃっただけで1万元ならやりすぎと思うけど、25~30キロも掘ってるんならね。それに泥棒だよ」「数十キロも掘っておいて。もし自分がやられたら見逃せるのか?」など、観光客らを非難する声が多数上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携