<サッカー女子>中国VS韓国、東京五輪出場かけ激突=中国メディア「無事に帰ってくることも勝利」

Record China    2021年4月6日(火) 18時20分

拡大

サッカー女子中国代表は5日、東京五輪出場をかけた韓国代表とのプレーオフのため韓国に到着。中国メディアの観察者網は、選手らの新型コロナウイルス感染に懸念を示した。

サッカー女子中国代表は5日、東京五輪出場をかけた韓国代表とのプレーオフ第1試合が行われる韓国京畿道高陽市に到着した。中国メディアの観察者網は5日付の記事で、選手らの新型コロナウイルス感染に懸念を示した。

プレーオフは8日に韓国のホームで、13日に中国のホーム(蘇州市)でそれぞれ行われ、勝者が東京五輪出場権を獲得する。韓国が勝てば、韓国女子サッカー史上初の五輪出場となる。

観察者網の記事は今回の対戦について、韓国で試合を行うことのリスクを強調している。「韓国は、国内の新型コロナの状況が依然として厳しいものの、ホーム戦を放棄したがらなかった(第3国あるいは中国で2試合を行うことはなかった)」「韓国では5日に新型コロナの感染者が473人増えた。それ以前は、6日連続で500人以上の新規感染者が出ており、中国チームは今回の対戦で勝利だけでなく防疫もしっかり行い、無事に帰ってこなければならない」などと伝えている。

また、サッカーメディアの足球報も「今回の韓国行きでは、試合よりも防疫が重要」と指摘。韓国がスタジアムに一定数のファンを入れる予定であること、韓国にはイングランドでプレーする選手が複数いるため「7日間の隔離だけではリスクがある」ことなどを懸念として挙げ、「試合と防疫という二つのプレッシャーを受ける状況。中国の選手たちが健康な状態で帰ってくることもまた勝利だ」と論じた。

両国の対戦は当初2020年3月の予定だったが、新型コロナの影響で複数回にわたって延期されていた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携