中国製ワクチンが世界の感染症との戦いをサポート―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月6日(火) 6時50分

拡大

ここ数日、中国製の新型コロナウイルスワクチンが多くの国に到着し、熱烈な歓迎を受けている。写真は3月31日夜にプノンペンに到着した、中国がカンボジアへに寄贈したワクチン第二弾。

ここ数日、中国製の新型コロナウイルスワクチンが多くの国に到着し、熱烈な歓迎を受けている。外国の政府と国民は相次いで中国への感謝の意を表明するとともに、「中国が提供したワクチンは各国の新型コロナウイルス感染症との戦いで非常に重要であり、中国は国際防疫協力において他の国では取って代わることのできない重要な貢献を行なった」との見方を示した。

■約束を積極的に果たす中国

4月3日、ジョージア政府が中国から調達した中国医薬集団有限公司総公司(国薬集団)製造の新型コロナワクチンの第一弾が、首都ティビリシに到着した▽4月2日夜には、モンゴル政府が調達した中国製ワクチンの第一弾が首都ウランバートルに到着した▽4月1日には、アゼルバイジャンが中国から調達した中国科興生物製造のワクチン第一弾が首都バクーに到着した▽3月31日、中国政府がスリランカに寄贈したワクチンがコロンボのバンダラナイケ国際空港に到着した▽3月30日、中国政府がエチオピアに寄贈したワクチンが首都アディスアベバに到着した▽3月29日、中国政府がパレスチナに寄贈した国薬集団製造のワクチンがラマッラに到着した▽3月29日、中国政府がネパール政府に寄贈した新型コロナワクチンの引き渡し式が首都カトマンズの首相官邸で行なわれた……ここしばらくの間に、中国製ワクチンが複数の国に続々と到着した。

中国はワクチンを世界の公共財にするとの約束を積極的に果たし、発展途上国においてアクセス可能で購入可能な価格を確保するよう努力し、80カ国と3つの国際機関にワクチンを支援物資として提供すると同時に、40数カ国にワクチンを輸出している。中国は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの配分計画」に積極的に関わり、ワクチン1000万回分の提供を約束するとともに、平和維持者に30万回分を寄贈した。中国は国際オリンピック委員会(IOC)と協力して、五輪・パラリンピックに参加する選手にワクチンを提供することも明らかにした。

■国際協力を強化する中国

現在、ワクチンは感染症との戦いで最終的に勝利するための重要な武器であり、今後の国際防疫協力の重点でもある。中国はワクチンをめぐる国際協力の「先頭集団」にしっかりと立脚し、現在は10数カ国とともにワクチンの研究開発と製造協力を進めており、これまでに60数カ国に中国製ワクチンの使用権を与えた。

中国製ワクチンの安全性と効果は広く認められつつある。世界保健機関(WHO)の免疫戦略専門家グループは3月31日に、「中国の国薬集団と科興生物が提出した2種類の新型コロナウイルスワクチンの関連データをみると、その保護効果はWHOの要求に合致しており、人体への害はないことがわかる」との見方を示した。

東南アジア諸国と中国は一致団結して感染対策で協力している。インドネシアは今年初め、中国製ワクチンの大規模な集団接種を開始し、ジョコ大統領が最初に接種を受けた。フィリピンでは、政府からの寄贈でも商業的な調達でも、中国は一番先にフィリピンにワクチンを提供した国になった。マレーシアでもワクチンをめぐり中国との協力が進められている。

中国は各国と手を取り合って協力し、世界の感染症対策により多くの信頼と希望をもたらしつつある。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携