ご先祖様の墓が「イモ畑」にされていた、清明節に帰郷して発見―広西チワン族自治区

Record China    2021年4月5日(月) 23時20分

拡大

祖先の墓がある広西チワン族自治区内の農村に帰郷したところ、墓があったはずの場所は広々とした畑になっていた(写真)。

太陽の運行に基づき1年を24等分する二十四節気の一つである清明節は、中国人にとって、先祖の墓参りをする日だ。今年の清明節は4月4日だったが、千竜網など中国メディアは「墓参りのために帰郷したら、知らないうち先祖の墓がサツマイモ畑になっていた」という男性の話題を紹介した。

男性によると、4月3日に祖先の墓がある広西チワン族自治区内の農村に帰郷したところ、墓があったはずの場所は広々とした畑になっていた。墓があった正確な場所も、分からない状態になっていたという。

作業をしていた人に尋ねたところ、「村の幹部との約束で、この土地を請け負っている。この土地は今は耕地で、サツマイモを植える準備をしている」と説明したという。

男性によると、墓は二つの「大隊」が相談して墓地として利用することに決まった土地にあった。「大隊」とは、かつて中国全国に組織された「人民公社」の下部組織だった生産大隊のことだ。生産大隊は地域行政を担当し、農作業を管理し、さらに世帯ごとの自炊をやめさせて大食堂で住人に食事を提供するなど、住人の生活を厳格に支配した組織だった。

かつての生産大隊は解体され、行政機能は村民委員会という組織が引き継いでいる。男性が村民委員会に問い合わせたところ、墓地として使われていた土地は、村の「集体用地」だったことが分かった。中国の「土地管理法」によると、都市部の土地はすべ国家が所有すると定められているが、農村部では、土地の「集体所有」が認められている。「集体所有」とは従来からの住人による「集団所有」のことだ。「土地管理法」は、「集体所有」である土地について、特定の個人が「自留地」として利用することも認めている。

問題の墓地は、墓地として利用するために、村民委員会が住人に使用を認めた「集体所有」の土地だったと分かった。しかし村民委員会は最近になり、墓地としての利用を認めていた土地を、利用者に連絡することすらせずに、それまで関係がなかった者に対して利用を許可したことが判明した。

男性は、村民委員会が「合理的な処理方法」を打ち出せない場合には警察に通報して、警察と裁判所を通じて問題を解決する考えだ。

記事は、「中国人の習俗として、先祖の墓を暴かれれば、(相手に)死をもって仕返しする事態になってもおかしくないと」と紹介。村住人は、重機によって墓が破壊された後に気づいたが、施工側は「間違った」と説明したという。「後の祭り」となってからの説明に村住人は怒ったが、かと言ってどうしようもない状態になってしまったという。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携