キムチは新型コロナに効く―韓国研究所、以前には「鳥インフルに効く」との発表も

Record China    2021年4月4日(日) 14時50分

拡大

韓国キムチ研究所は、キムチは新型コロナウイルス感染症の症状を軽減すると主張する文書を発表した。韓国では2009年にも、キムチは鶏インフルエンザウイルスからの防御に有効との発表があった。

中国メディアの澎湃新聞は3日付で、韓国食品研究院に付属する韓国キムチ研究所は、キムチが新型コロナウイルス感染症の症状を軽減すると主張する文書を発表したと報じた。韓国では2009年にも、キムチは鶏インフルエンザウイルスからの防御に有効との発表があった。

澎湃新聞によると、韓国キムチ研究所とフランスのモンペリエ大学に所属するぜんそくの専門家であるブリニュモン氏のチームによる合同研究の結果を示す記事が、国際的な医学雑誌である「クリニカル・アンド・トランスレーショナル・アラージー」の2020年12月号に掲載されたという。

合同研究チームはさまざまな国における新型コロナウイルス感染症の発症率や重症化の状況、死亡率の際を調査し、韓国など東アジアの国と、サハラ砂漠周辺のアフリカの国で死亡率が低い原因に関心を持った。

その結果、オーストラリアやニュージーランドは別として、新型コロナウイルス感染症による死亡率が低い国の多くでは、キムチなどの発酵食品が多く食べられたり各種の発酵調味料が多く使われていることが分かった。合同チームによると、キムチが含むスルフォラファンやアリシン、カプサイシン、ジンゲロールなどの成分と発酵により生ずる乳酸菌が、Nrf2と呼ばれる体内の抗酸化システムと相互作用して、新型コロナウイルスによって人体内で生成される有害な活性酸素を除去することが分かったという。

ブリニュモン氏は同結果について「キムチに含まれる抗酸化成分は実に豊富で、新型コロナウイルス感染症に非常に有効だ。韓国で死亡率が比較的低く、重症患者が比較的の少ないのは、キムチのおかげかも知れない」と語ったという。

韓国農協によると、韓国食品研究院は2009年5月には、発酵が進んだキムチの抽出物を一定期間、ニワトリに食べさせ続けた後に鳥インフルエンザウイルスを鼻から注入したところ、通常の飼料だけを食べさせたニワトリよりも感染率が極めて低かったとして、実験を行った研究者が「キムチが鳥と哺乳類で発生している鶏インフルエンザウイルスに対して防御能力があることを立証した」と述べたという。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携