【CRI時評】反テロに効果的かつ必要な中国の新疆管理政策

CRI online    2021年4月3日(土) 13時56分

拡大

中国国際テレビ局(CGTN)が制作したドキュメンタリー映画「底流でうねる--中国新疆の対テロ挑戦」が4月2日に放送された。CGTNが発表した同題材のドキュメンタリーは4作目だ。

(1 / 2 枚)

中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)傘下の中国国際テレビ局(CGTN)が制作したドキュメンタリー映画「底流でうねる--中国新疆の対テロ挑戦」が4月2日に放送された。CGTNが発表した同題材のドキュメンタリーは4作目だ。詳細かつ客観的な調査・取材を通じて、東トルキスタン・イスラム運動というテロ組織が各種のネットワークを編み出すことによって過激的な宗教思想で一部の少数民族大衆を毒し、新疆で分裂と動揺を生み出そうとする陰謀を暴露した。

その他の写真

ここ数年来、西側の一部反中国勢力はしばしば新疆問題を誇張して伝えている。彼らはうそを次から次へとでっち上げて世論を惑わせ、新疆関連の問題の本質を覆い隠し、中国の各民族間の対立感情を煽り、新疆を混乱させることによって中国の発展を封じ込めようとしている。

事実、新疆関連の問題は人権、民族、宗教の問題では決してなく、反テロと反分裂の問題だ。大まかな統計では、1990年から2016年末にかけて、新疆で数千件の暴力テロ事件が発生して大量の罪のない民衆が殺傷され、莫大な社会的損失を招いた。

テロリズムや過激主義などの毒に苦しむ新疆の民衆が新しい生活を送るのを手助けするため、中国政府は反テロリズムと脱過激化との闘争を法に基づいて展開し、予防的な反テロを第一義とすることを堅持している。その中で、職業技能教育訓練センターの設置は重要措置の一つだ。そこでは、多くの人が学習・教育・職業訓練の機会を得て、誤った思想の束縛から抜け出し、新しい生活を始めた。同様のやり方は欧米諸国で広く採用されており、国際慣例に合致している。

効果的な反テロ・脱極端化措置により、新疆では過去4年余りテロ事件が起きておらず、社会経済の発展が持続的に好転し、中国の他の地区とともに絶対的貧困から脱却した。

現在、一部の西側反中国勢力の支持のもと、東トルキスタン・イスラム運動などの勢力は依然機会をうかがっており、新疆に対して各種の浸透・転覆・破壊活動を行おうとしている。暗流が押し寄せているが、中国は試練に対応し、新疆の安寧を守る自信と能力がある。同時に、中国は国際社会と対テロの経験を共有・交流し、反テロ・脱極端化の世界的難題を積極的に解決するために中国の知恵を提供したいと思う。(CRI論説員)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携