緑色の桜も!?南京の玄武湖で桜が見頃に―中国

人民網日本語版    2021年4月3日(土) 9時50分

拡大

春になり気温が上がり花が咲き、ピンク色の桜の花が特に人目を引いているが、緑色の桜の花を見たことがあるだろうか。南京市の玄武湖でこのほど、緑色の桜の花が咲いた。

春になり気温が上がり花が咲き、ピンク色の桜の花が特に人目を引いているが、緑色の桜の花を見たことがあるだろうか。南京市の玄武湖でこのほど、緑色の桜の花が咲いた。濃淡さまざまな緑色の花が非常に独特で、周囲のピンク色の桜とは明らかな対照をなしている。

南京市玄武湖公園管理処弁公室の戎飛霞(ロン・フェイシア)室長は、「緑の桜の花が独特なのは、その色のためだ。緑桜の品種は現在、ウコンザクラ(鬱金桜)とギョイコウ(御衣黄)の2種類しかなく、国宝級の桜だ。緑桜は南京市ではあまり植えられていない。玄武湖景勝地内に植えられた緑桜は重弁のウコンザクラで、2018年の年初に桜洲の環境総合対策を行う際に導入されたもので、景勝地内に現在約30本ある。ウコンザクラの繁殖は現在、早咲き桜を台木に接ぎ木している。栽培上の注意事項はその他の桜の品種とそれほど変わらず、たまり水を嫌い、柔らかい土を好む」と述べた。

変わった色のほか、ウコンザクラにはもう一つ不思議な点がある。時期によって花びらが変色するのだ。戎氏は「咲いたばかりのころは濃い緑色だが、散る頃になると徐々に色が浅くなり黄緑色に変わり、より透き通った色になる。ウコンザクラは遅咲きの品種で、3月中・下旬に開花し、4月上・中旬まで開花が続く。開花期は20日から1カ月」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携