【ドキュメンタリー~中国新疆の対テロ挑戦~】短編1:悔い改めぬテロリスト “天国に72人の妻がいる”

CRI online    2021年4月2日(金) 16時40分

拡大

新疆ウイグル自治区でのテロ事件が絶えないのはなぜなのか?かつて新疆の法執行システムの指導的なポストにあった者が新疆の対テロ事業にどれほど深刻な破壊をもたらしたのか。

長い間、繰り返し禁止されながら、新疆ウイグル自治区でのテロ事件が絶えないのはなぜなのか?

かつて新疆の法執行システムの指導的なポストにあった「両面人(党に忠誠を尽くすよう見せ掛けて、実は民族主義者であるという二面性を持つ者)」が新疆の対テロ事業にどれほど深刻な破壊をもたらしたのか。

「民族的迫害」を誇張し、「テュルクの英雄」を宣伝する有害な教材が、なぜ小中学校で13年間も使われてきたのか?

なぜ、国内に伸びた海外のテロ宣伝の目に見えない手を断ち切らなければならないのか。

CGTN(中国グローバルテレビジョンネットワーク)は4月2日、対テロドキュメンタリー「底流でうねる-中国新疆のテロへの挑戦」を再び公開しました。これは同シリーズのドキュメンタリー第四弾で、過激主義思想と中国新疆のテロ取り締まりが直面している内部的、外部的な課題をより力を入れて暴き出しています。ドキュメンタリーは国内外の過激思想と分裂勢力のぞっとするような浸透方式を重点的に語りながら、「両面人」、「問題のある教材」や「テロ映像の散布」などを含め、こうした過激思想と分裂勢力が新疆の人々にもたらした死亡事件、傷害事件などを暴きます。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携