一汽トヨタ、AMRにより自動車製造の自動化をサポート―中国

人民網日本語版    2021年4月5日(月) 7時10分

拡大

一汽トヨタ天津拠点泰達工場で3月30日、数十台のAMR(自律走行搬送ロボット)が秩序正しく入庫、検収、保管、生産ラインへの搬送などの操作を行っていた。

一汽トヨタ天津拠点泰達工場で3月30日、数十台のAMR(自律走行搬送ロボット)が秩序正しく入庫、検収、保管、生産ラインへの搬送などの操作を行っていた。科技日報が伝えた。

AMRは機械のスマート化、スマート製造をけん引する次世代物流設備だ。従来のAGV(無人搬送車)と比べると、AMRはハイテクによりロボットのブレインの中で二次元地図を直接構築でき、よりフレキシブルに調整し、自主的に回避し、協同作業を行うといった重要な物流能力を持ち、複雑なシーンにおける応用ではより優位に立つ。

一汽トヨタが今回導入したAMRは、3種のナビゲーションモードがカスタマイズされた。さまざまな種類、複雑なルート及びシーンに基づき、自主的に最良のナビゲーションモードに切り替える先進的な機能を持つ。1千種類近くの部品の100%のスマート搬送が可能で、総組立生産ラインの200カ所近くの持ち場における部品の自動供給を実現している。フォークリフトから荷物を下ろし、生産ラインの持ち場に部品を供給する全フローのスマート物流を実現。毎年1000万元(約1億7000万円)近くの物流費及び人件費を削減し、倉庫保管のコストを数百万元削減する。

また、スマート検収システムには先進的なハードウェア読み取り設備とスマートアルゴリズムプラットフォームがあり、99.97%以上のデータ読み取り成功率、100%の解析成功率を持つ。同時にディープラーニングアルゴリズムを持ち合わせ、スマートエラー訂正警告機能を提供し、部品搬送の精度を100%に上げている。物流の精度は100%で、生産効率が大幅に向上している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携