日本人はなぜ床で寝るのが好きなのか?―中国メディア

Record China    2021年4月4日(日) 18時30分

拡大

1日、中国のポータルサイト・百度に「日本人はどうして床に寝るのが好きなのか」とする記事が掲載された。

2021年4月1日、中国のポータルサイト・百度に「日本人はどうして床に寝るのが好きなのか」とする記事が掲載された。

記事はまず、もともと日本人はベッドで寝る習慣はなかったものの、だからといって「冷たい床の上にそのまま寝ていたわけではなく、たたみの上で寝ていた」と紹介。たたみの上で寝るのは苦痛ではなく、心地よい上に体にもいいと伝えた。

そして、日本は土地資源が限られており、限られた家屋の面積を有効に利用するためにベッドを設けず、たたみに布団を直接敷いて寝る方法が広く採用されてきたとし、特に子どもにとっては柔らかすぎるベッドで寝るよりも骨格形成の上でメリットがあると説明している。

また、四方を海で囲まれた島国で、雨も多い日本では湿気が比較的高く、風通しを良くしてカビの発生を防ぐことが重要だと指摘。出しっぱなしのベッドよりも、通気性の良い畳の上に布団を敷いて、その都度片付けることにより、室内に湿気を溜めこみにくくすることができるとした。

さらに、日本では地震などの災害が頻発するため、すぐに揺れを感じて素早く逃げられる体制を整えるという意味でも、たたみに直接布団を敷いて寝るメリットがあると紹介した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

広場 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携