現存する最大の戦国時代の井戸を発見―中国

人民網日本語版    2021年4月3日(土) 14時10分

拡大

山西省考古研究院が3月30日に明らかにしたところによると、現地の考古学従事者は山西省陽泉市で中国最大規模かつ保存状態が最も完全な戦国時代の井戸を発見した。

(1 / 2 枚)

山西省考古研究院が3月30日に明らかにしたところによると、現地の考古学従事者は山西省陽泉市で中国最大規模かつ保存状態が最も完全な戦国時代の井戸を発見した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

山西省陽泉市文物管理センターの鄭海偉(ジョン・ハイウェイ)副センター長によると、総合的な判断によると、この古井戸が作られたのは戦国時代で、前漢の時代に廃棄されたと見られる。同井戸は現在中国で見つかっているうち最大規模かつ保存状態が最も完全な戦国時代の井戸だ。九角形の構造が独特で、組積造技術が精巧だ。木造部品にあるほぞ継ぎは現存するうち保存状態が最も完全な早期ほぞ継ぎの構造実物だ。この井戸の発見は戦国時代の古井戸の組積技術、早期木造建築の研究、平坦ノウ戦国古城の史料補完にとって重要な意義を持つ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携