8000万年前の恐竜の生体復元図、絶滅前に進化を試みた形跡あり―海外メディア

人民網日本語版    2021年4月3日(土) 7時40分

拡大

ロイター通信は現地時間3月30日、今から8000万年前にアルゼンチン南部パタゴニア州に生息していた白亜紀の肉食恐竜Llukalkan aliocranianusの生体復元図を公開した。

ロイター通信は現地時間3月30日、今から8000万年前にアルゼンチン南部パタゴニア州に生息していた白亜紀の肉食恐竜Llukalkan aliocranianusの生体復元図を公開した。中国新聞網が伝えた。

報道によると、Llukalkan aliocranianusは独特な聴覚構造を備えているという。アルゼンチンの古生物専門家は、「これらの恐竜は、完全に絶滅する前にも、新たな進化の道を模索していたと思われる」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携