ヤンコ踊りに木登り、竜踊りまで!大学のユニークな体育の授業あれこれ―中国

人民網日本語版    2021年4月1日(木) 19時50分

拡大

ネットに広まっているある動画の中で、陝西楡林学院の学生たちは列を作り、音楽のリズムに合わせ、ノリノリな様子でヤンコ踊りを楽しんでいた。

(1 / 2 枚)

ネットに広まっているある動画の中で、陝西楡林学院の学生たちは列を作り、音楽のリズムに合わせ、ノリノリな様子でヤンコ踊りを楽しんでいた。数年ほど前から、大学では各種ユニークな体育プロジェクトを授業に取り入れるようになってきており、今では体育の授業は学生たちにとって、「あんまり面白くない授業」ではなくなってきている。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

例えば西北大学では以前、「木登り」の授業を開講したことがあった。この一風変わった授業では、男子学生も女子学生も、普段の落ち着き払った大学生という姿を打ち捨て、木によじ登り、ジップラインで木々の間を移動するスリルを味わっていた。

また、浙江大学は2017年に初めて「竜踊り・獅子舞」という選択科目を体育の授業に組み入れた。同年、各専攻の学生計170人がこの科目を履修し、その男女比はおよそ3対2だったという。

そして「ビー玉遊び」もすでに西安体育学院の正式な履修科目となっている。学生たちは、教室で堂々と「遊び」に興じることができ、学生たちの団結精神と仲間とのチームワークを培うだけではなく、思考力の鍛錬にも役立っているという。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携