素敵に年を重ねる82歳のおばあちゃん―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月1日(木) 16時10分

拡大

高齢女性と言うと、すでに固定のイメージがあるものだが、哈森さん(82)は今でも自分らしく生きており、「女性は素敵に歳を取らなければ」と話す。

(1 / 12 枚)

女性にとって一番怖いものとは一体何なのだろう?それは、結婚して子供を産み、退職して、孫ができ、時間があっという間に過ぎて、おばあちゃんになってしまうことではないだろうか?中国新聞網が伝えた。

その他の写真

高齢女性と言うと、すでに固定のイメージがあるものだが、哈森(ハー・セン)さん(82)は今でも自分らしく生きており、「女性は素敵に歳を取らなければ」と話す。

若い時の哈森さんは、声楽の教師をしていて、歌や楽器、ダンスが得意な芸術をたしなむ女性だった。

1986年、内モンゴル民族事務委員会で仕事をしていた哈森さんは、内モンゴル自治区で初めてのデールを系統的に紹介する書籍の執筆に携わることになり、約2年かけて、実地調査を行い、「モンゴル族の民族衣装」を出版した。

その過程で、哈森さんはデールの製作が大好きになり、自分でデザイン、裁断、縫製なども手掛けるようになった。

哈森さんは近年、パーティー用デール、普段着のデール、牧羊をテーマにしたデールなどを自分でデザインし、デールシリーズを製作してきた。

デザイン画は、プロのデザイナーには及ばないものの、哈森さんはそれにナンバーを付け、製本し、ケースの中に大切にしまっている。

デールには、それに合わせたアクセサリーもあり、哈森さんはモンゴル族の特色あふれるイヤリングや頭飾りなども自分で製作。色彩やデザインをうまくコーディネートしている。

さらに、哈森さんはモデルチームを立ち上げ、中年・高齢の女性たちにコンテストでの歩き方を教えているほか、素敵な生活理念を伝えている。「女性は何歳だったとしても、自分らしく生きなければならない。歳を取ったからと言って、身だしなみに気を遣わなくなったり、オシャレをしなくなったりしてはいけない。また、台所をウロウロしたり、孫に振り回されたりする毎日を送ってもいけない。どっちみち歳を取るのなら、素敵に歳を取っていきたい」と哈森さん。

今年82歳となった高齢の哈森さんは依然として、意義ある毎日を送っており、モデルチームの練習の指導をボランティアで行ったり、さまざまな服の作り方を伝えたりしているほか、インターネットを活用した指導も行っている。

その他、哈森さんは79歳の時に中国画や書道も習い始めた。彼女にとって、何歳になっても素養を高めるのにはおそくないのだ。

きっちりとメイクして、こだわってコーディネートした服を着て、内面も外面も美しい哈森さんは、自分の経験を通して多くの人を魅了している。「初めから醜い女性なんていない。醜くなるのは不精だから。高齢の女性でも、こだわりを持って素敵に生きなければ」と哈森さん。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携