三十にして立つこと難しく…韓国の30代未婚者の半数以上が「親のすねかじり」―中国メディア

Record China    2021年4月5日(月) 6時20分

拡大

中国メディアの新浪財経は1日、「三十にして立つこと難しく」と題し、韓国の30代未婚者の半数以上が親のすねをかじっていると伝えた。

中国メディアの新浪財経は1日、「三十にして立つこと難しく」と題し、韓国の30代未婚者の半数以上が親のすねをかじっていると伝えた。

記事は、韓国開発研究院が3月30日に発表した調査結果を基に、韓国の未婚者のうち30~39歳の54.8%、40~44歳の44.1%が、年老いた親に経済的に依存する「啃老族」だとした。

同調査によると、親と同居している未婚者の就業率は57.9%で、一人暮らしをしている人の就業率(74.6%)と比べて相対的に低かった。専門家は「就職や住宅購入のハードルが高いことが、親からの独立を妨げている」と分析しているという。

中国のネットユーザーからは「韓国を笑うな。中国では親のすねをかじっている人が少ないのか?家を買うのに全額自分で払った人がどのくらいいる?」「親のすねを一切かじっていないと言い切れる人がいるだろうか?」「中国も同じ。結婚する時の新居や車はみんな親が買ってくれる」「結婚したからといって親のすねをかじらないとも限らない」「親のすねかじりは十数年前は批判的な言葉だった。でもこのご時世、かじれるすねがあるのは本当に幸せなこと」「この問題では日中韓はみな大差ない」といった声が上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携