日本のデザイン界の巨匠が手掛けた小米の新ロゴ、「ほとんど変わっていない」とツッコミも―中国

Record China    2021年4月1日(木) 21時20分

拡大

31日、中国・小米の新しいロゴについて紹介する記事が中国のネット上に掲載された。

2021年3月31日、中国・小米(シャオミ)の新しいロゴについて紹介する記事が中国のネット上に掲載された。

記事によると、小米は同月30日に新たなロゴをお披露目した。手掛けたのは日本のグラフィックデザイナーの原研哉氏で、記事は原氏が「テクノロジーは進化すればするほど生命の形に近付く。そのため人とテクノロジーは接近を続ける」と考え、この観点から「Alive」という概念を提案したと紹介。そして、「正方形から楕円形に単純に変化しただけのように見えるが、『Alive』の概念によって導き出された理想的な形とのことだ」と伝えた。

記事はまた、従来のブランドカラーであるオレンジ色は今後も使われるとし、原氏がブラックやシルバーを補助色として使う考えを示したことにも言及。他にも原氏の取り組みなどを詳しく伝えており、中国のネット上には「新旧の変化はごくわずかなのにたくさんの費用がかかっている」として冷ややかな反応がある一方、新しいロゴを肯定的に受け止めるネットユーザーは原氏が示したストーリーに心を動かされているとも指摘した。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携