エイベックスが中国で炎上、「ベタ打ち謝罪」にネットユーザー納得せず―中国メディア

Record China    2021年4月1日(木) 11時50分

拡大

31日、環球網は、日本の芸能事務所エイベックスが中国の扱いを巡り、中国のネット上で「炎上」する事態になっていることを報じた。

2021年3月31日、中国メディアの環球網は、日本の芸能事務所エイベックスの中国の扱いを巡り、中国のネット上で「炎上」する事態になっていることを報じた。

記事は、中国のネット上で3月30日に「エイベックス公式サイトで、台湾と中国を並列に扱っている内容が見られる」との情報が流れ、多くのネットユーザーから「中国から出ていけ」など激しい批判の声が出たと伝えた。

そして、この騒動に対してエイベックスの微博アカウント「エイベックス国際部」が31日に「近ごろネット上で議論になっている、当社公式サイトに掲載されていた2018年の幹部インタビュー内容は当社の公式な立場を表すものではありません。生じた影響に対して心より謝罪します。現在当該内容は削除済みであり、今後はこのような不適切な言論の撲滅に努めます。本当に申し訳ありません」との謝罪声明を発表したことを説明。

その上で、同社が発表した謝罪声明に対して多くの中国のネットユーザーが「納得していない」とし、その理由として同アカウントが3月24日に発表した「警告声明」に触れた。

24日の声明は、中国のオーディション番組「創造営2021」に練習生として参加している同社所属タレントの橋爪ミカ、ミッチェル和馬、青山ウィリアム、モリアティー慶怜に対し、中国のネット上で事実無根の言論が拡散しているとし、「一部のネットユーザーには言論を謹んでもらいたい」と記載されたもので、社章が押された正式な声明文書の画像が張られていた。

記事によれば、今回の謝罪声明は「微博に直接『ベタ打ち』したもの」で、社章も付されていないかったため、中国のネットユーザーは両者を比較した上で謝罪を「誠意なし」と捉えたようだ。

また、「台湾と中国を並列した」ことについて「当社の見解を表すものではない」との一言で片付け「一つの中国という立場を声明上で表明しなかった」ことも、中国のネットユーザーによるさらなる怒りを買ったという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携