韓国のアウトドア用品メーカーが「日本帝国海軍」色の製品を発売、抗議受け全量廃棄することに

Record China    2021年4月4日(日) 16時10分

拡大

韓国・マネートゥデイはこのほど、韓国のアウトドア用品メーカーが日本のアパレルメーカーと共同でプロデュースした製品が物議を醸し、全量廃棄することになったと伝えた。

韓国・マネートゥデイはこのほど、韓国のアウトドア用品メーカーが日本のアパレルメーカーと共同でプロデュースした製品が物議を醸し、全量廃棄することになったと伝えた。

記事によると、韓国のアウトドア用品メーカー「HELINOX(ヘリノックス)」は海外のさまざまなブランドとのコラボ製品を発売しており、日本のアパレルメーカー「NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)」とも数年前からコラボ製品を販売してきた。

しかし、販売予定のコラボ製品が公開されると、これが波紋を呼んだ。製品には濃いグレーが使われたが、ネイバーフッド側がこの色を「IJN(Imperial Japanese Navy=日本帝国海軍)グレー」と紹介。これに対し一部の消費者らは、ヘリノックスに対し「植民地時代の日本帝国主義が思い浮かぶ」と抗議したという。

事態を受け、ヘリノックスのラ・ヨンファン代表は「経緯はともかく、デリケートな歴史認識問題で皆様にご迷惑をおかけして申し訳ない。急きょ役員らがテレビ会議で対策を話し合ってコラボ製品の全量廃棄を決定し、ネイバーフッド側に公式書簡を送った」と謝罪した。

公式書簡では「わが社は今年のグレーカラーが日本帝国海軍のグレーカラーだとは夢にも思わなかった。韓国からすると、36年間の日本帝国による植民地時代の傷は今も生々しい。遺憾と抗議の意を表する」とし、「日本市場でも(製品を)回収することを強く希望する」と求めたという。

ネイバーフッド側も「こうした事態を招いたことを深く反省し悔やんでいる。当該表現はすぐに削除した」と謝罪し、今回のコラボ製品について「韓国はもちろんのこと日本市場でも販売しないことにした」と発表したという。

ヘリノックス側はその後「今回の事態が完全に解決したとは考えていない」とした上で「今後もコラボレーションの当初の趣旨通り、ポジティブな価値を作っていく」と伝えたという。

これを受け、韓国のネット上では「かっこいい判断」「よくやった」「当然これは正さなければならない問題」などヘリノックス側の素早い対応に対する称賛が上がっている。

一方で「再発防止策を立ててほしい」「日本企業とコラボ?日本と一緒じゃないと製品を作れないの?」「余計なことはしない方がいい」「日本にだまされないで」など懸念を示す声も多く見られた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携