5000年前の城壁と堀が発見=襄陽

CRI online    2021年3月31日(水) 16時40分

拡大

武漢大学考古学チームは7カ月余りの発掘調査を経て、中国中部の湖北省襄陽市にある鳳凰咀遺跡で古い城壁と堀を発掘しました。

武漢大学考古学チームは7カ月余りの発掘調査を経て、中国中部の湖北省襄陽市にある鳳凰咀遺跡で古い城壁と堀を発掘しました。

鳳凰咀遺跡は漢江の中流地域に位置し、古城があった場所を上から見ると四角形であることが分かります。その面積は14万平方メートルで、外側の付属集落を入れた総面積は約50万平方メートルです。これまでに出土した陶鼎、筒、杯、皿、かめなどの文化財の分析に基づき、考古学者はこの遺跡が5200年から4200年前のものだと判断しています。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携