BTSがアジア人差別に「強い怒り」、自身の経験も告白=韓国ネットも支持「さすが大物だ」「ありがとう」

Record China    2021年3月31日(水) 22時20分

拡大

米国や欧米でアジア系住民に対するヘイトクライムが多発していること受け、人気K-POPグループのBTSが30日、人種差別に反対するメッセージを投稿した。写真はBTSのイラスト。

米国や欧米でアジア系住民に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)が多発していること受け、人気K-POPグループの防弾少年団(BTS)が30日、人種差別に反対するメッセージを投稿した。3月30日、韓国朝鮮日報が報じた。

記事によると、BTSは公式SNSに韓国語と英語でコメントを投稿し、「#StopAsianHate」(アジア人への差別を撤廃せよ)、「#StopAAPIHate」(アジア人・太平洋諸島系住民への差別を撤廃せよ)というハッシュタグと共に、「愛する家族を失った方々にお悔やみを申し上げる」「悲しみと同時に強い怒りを感じる」と発言した。

また「私たちもアジア人というだけで差別を受けたことがある」とし、「道を歩いていたら突然ののしられ、外見を侮辱された」「アジア人がなぜ英語で話すのかとも言われた」など、自身の経験も告白。

そして「今起きている事件に比べればささいなものだが、それによって萎縮させられたり自尊心が奪われたりもした」「人種が違うというだけで嫌悪と暴力の対象になるのは、言葉にできないほどつらいこと」と述べた上で、「同じアジア人として、今起きている事件に無関心でいることはできない」「私たちは人種差別に反対します。私たちは暴力に反対します。私もあなたも、すべての人間は尊重される権利があります。共に闘います」と決意を示した。

16日に米アトランタのアジア系マッサージ店などで起きた連続銃撃事件をきっかけに、世界ではアジア系住民への人種差別に反対する動きが広まっている。この事件で死亡した8人のうち、6人が韓国系4人を含むアジア人であったことから、スティーヴン・ユァン、ダニエル・デイ・キム、オークワフィナなど、米国で活躍する韓国系俳優らも差別撤廃を呼びかけるコメントを発表しているという。

この報道に対し韓国のネットユーザーからは、「自分たちがどれほど影響力を持つかよく分かってる。応援してるよ」「さすがBTSは大物だ。かっこいい」「BTSのコメントを待ってたよ。ありがとう」「文大統領も見習うべき」など、BTSを支持するコメントが数多く寄せられている。

また「今の時代に人種差別をする人は本当に情けない。相当自分に自信がないんだろうな」「アジア人は英語を話せても話せなくても侮辱されるんだな」「米国ではアジア人はまだ異邦人だ」など、現状に反発する声も見られた。(翻訳・編集/丸山)

この記事のコメントを見る

エンタメ トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携