日本代表が14-0でモンゴルに大勝!中国で「残忍」と衝撃、日本のファンの「相手称賛」にも注目

Record China    2021年3月31日(水) 11時50分

拡大

サッカー日本代表は30日に行われたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のモンゴル戦に14-0で大勝。中国でも「残忍」「狂勝」などと衝撃をもって伝えられている。

サッカー日本代表は30日に行われたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のモンゴル戦に14-0で大勝。中国でも「残忍」「狂勝」などと衝撃をもって伝えられている。

新型コロナウイルスの影響から、アウェー扱いながらも日本国内(フクダ電子アリーナ)で行われたこの試合。ゴールラッシュの口火を切ったのは南野拓実だった。13分に右サイドバックの松原健からのパスを受けると、左足で冷静にゴール左に流し込んだ。23分には吉田麻也の縦パスを受けた大迫勇也が反転し、ゴールキーパーとの一対一を冷静に制した。その3分後には、右サイドの伊東純也のクロスを鎌田大地が合わせて3点目。33分には守田英正、39分にはオウンゴールで加点し、5-0で前半を終えた。

後半に入っても攻撃の手を緩めない日本は、55分に鎌田のアシストから大迫が2点目を挙げると、68分には途中出場で代表デビューを飾った稲垣祥がミドルシュートを突き刺す。73、79分に伊東純也が決めたほか、途中出場の古橋了梧も78分に代表初ゴールを決めると86分にもゴールを奪った。さらに、アディショナルタイムには浅野拓磨、大迫、稲垣が追加点を挙げ、大量14得点で快勝した。

歴史的な大勝に中国も驚きを隠せない。鳳凰網の記事は「日本が14-0でモンゴルに“狂勝”」と題し、「OPTAの統計によると、1967年9月に五輪予選でフィリピンに15-0で勝利したのに次いで、2番目に多い点差での勝利である」と伝えた。

騰訊網の記事は、「残忍、日本が14-0でモンゴルに圧勝=日本のファンは相手を絶賛」と題し、「間違いなく日本の大勝だったが、モンゴルにとっては災難レベルの試合になった。試合後、日本のファンから最後まで奮闘したモンゴルを称賛するコメントが相次いだ。しかし、14-0というのはいささか残忍な結果だった」と伝えた。なお、日本のファンがモンゴルの健闘を称えるコメントを残していることは、PP体育など複数のメディアも取り上げている。

また、「14-0ってどういう概念?10人がゴール挙げ日本のテレビ局は画面に表示できず、中国中央テレビにはこの悩みは無し」と題する騰訊網の別の記事では、日本が盤石の試合でグループ1位を堅守したことを伝える一方、同日に行われた国内リーグの河南嵩山龍門との練習試合に2-0で勝利した中国代表について、「李鉄(リー・ティエ)監督が就任してから7連勝で負けなし、26得点2失点だが、日本がW杯予選で14-0のスコアを記録したのを見ると、『練習試合の好成績には本当に意味があるのか』と聞かずにはいられない」と伝えている。

網易の記事は、「残虐!日本が14-0で相手を翻弄、アジアではもはや敵なし?」と題して試合を詳報。「日本は先日、韓国にも3-0で勝利した。しかも、この日本代表はベストメンバーではなく、非常に有力な選手が数人、五輪代表チームの試合のために不在であることを知っておかなければならない」とし、「現在、アジアでは日本の実力が頭抜けている。欧州でプレーする選手が多く、クラブでの経験や実力が、他のアジアの国よりも大きく優れている。ソン・フンミンが出場した韓国やオーストラリアでも、今の日本に勝てるとはおそらく言えないだろう」と伝えた。

中国のサッカーファンからは、「アディショナルタイムに3ゴールって。マジで容赦ないな」「チンギス・ハンも飛び起きる」「大人と子どもくらいの差」「モンゴルのディフェンスは相手をマークするということを知らないのか?」「他人を笑う前に自分にその資格があるか見てみよう」「このモンゴルと中国代表は同じレベル」「この悲劇が中国代表の身に起こることが怖い(笑)」「この日本を相手に中国が戦ったらどんなスコアになるか見てみたい」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

スポーツ トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携