北京、清明節3連休の鉄道利用者が386万人に達する見込み―中国

人民網日本語版    2021年3月31日(水) 18時50分

拡大

北京市の4月2日から5日の4日間の鉄道利用者は386万人に達すると予想されている。

清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)に合わせて4月3日から5日が3連休となる中国。中国鉄路北京局集団有限公司によると、同月2日から5日の4日間の鉄道利用者は386万人に達すると予想されている。最も多くなるのは3日で、115万人が見込まれている。中国新聞網が伝えた。

3連休中は親族訪問や郊外散策、墓参りなど、中距離・短距離の旅行に向かう旅客がメインとなる。北京局集団公司は、連休期間中、臨時旅客列車46往復を増発する計画だ。内訳は、北京・天津・河北省エリア外に向かう長距離列車が9往復、同エリア内の中距離・短距離列車が37往復だ。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携