長さ69メートルの牡丹を描いた大型ガラス絵が登場―河南省洛陽市

人民網日本語版    2021年3月30日(火) 21時10分

拡大

河南省洛陽市牡丹広場の天窓に牡丹を描いた大型ガラス絵が取り付けられた。

河南省洛陽市牡丹広場では天窓に牡丹を描いた大型ガラス絵が取り付けられた。上空から俯瞰すると、まさに壮観という一言に尽きる。

この牡丹が描かれた大型ガラス絵は、長さ69メートル、幅9メートル、32片のガラスで構成されている。ガラス1片の重さは約2.3トン、超白色釉薬(うわぐすり)が施された強化ガラス技術によって製造されており、採光性と観賞性を兼ねている。ガラスには空洞の層があり、保温性・断熱性が高い。ガラス絵の両側に備え付けられた銅製の軸には、牡丹や祥雲などがデザインされている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携