「嫦娥5号」に搭載された「宇宙稲」、田んぼに「定住」―中国

人民網日本語版    2021年3月31日(水) 23時50分

拡大

月探査機「嫦娥5号」に搭載された宇宙種籾は29日、華南農業大学国家植物宇宙育種工学技術研究センターの温室を離れ、広州市増城区に位置する華南農業大学試験田拠点に植えられた。

(1 / 6 枚)

月探査機「嫦娥5号」に搭載された宇宙種籾は29日、華南農業大学国家植物宇宙育種工学技術研究センターの温室を離れ、広州市増城区に位置する華南農業大学試験田拠点に植えられた。新華網が伝えた。

その他の写真

同じ田んぼには他にも「長征5号」に搭載された種籾と重イオン照射種籾がある。研究者は今後、この深宇宙搭載、近地球軌道搭載、地上シミュレーションの3種の種籾を対照し、最も優れた品種を選び育成する。研究者は田植え後に肥料と農薬を散布する。5月末もしくは6月上旬に出穂期を迎え、7月上旬に収穫を行う。

計40グラムの「宇宙稲」は2020年11月に「嫦娥5号」により月に上陸した。約23日・76万キロメートルの「月周回旅行」を経て地球に帰還し、今年2月26日に種まきが完了した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携