1Gbps光回線、年内に中国の2億世帯に普及へ―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月1日(木) 7時50分

拡大

中国工業・情報化部は「『ダブルギガ』ネットワーク協同発展行動計画(2021-23年)」を通達した。資料写真。

中国工業・情報化部が25日に明らかにしたところによると、同部は「『ダブルギガ』ネットワーク協同発展行動計画(2021-23年)」を通達した。その中で、2021年年内に1Gbps光回線を2億世帯に普及させ、1Gbpsブロードバンドユーザーを1000万世帯以上にするとした。新華社が伝えた。

同「行動計画」によると、3年をかけて、都市部地域と条件を備える小都市を全面的にカバーする「ダブルギガ」ネットワークインフラをほぼ構築し、全般的に固定・モバイルネットワークのギガ級能力を実現する。1Gbps光回線と5Gユーザーの発展を加速させ、ユーザーの体験を引き続き改善する。1Gbps光回線と5Gのコア技術の研究開発及び産業の競争力で世界トップレベルを維持し、産業チェーン・サプライチェーンの現代化水準を安定的に高める。「ダブルギガ」ネットワークセキュリティ能力を大幅に強化する。

5Gネットワークは年内に、県級以上の地域、一部の重点小都市のカバーをほぼ実現する。5G基地局新設数は60万カ所以上に上る。20以上のギガ都市を建設する。23年年内に1Gbps光回線を4億世帯に普及させ、1Gbpsブロードバンドユーザーを3000万世帯以上にする。5Gネットワークは小都市以上地域及び重点行政村のカバーをほぼ実現する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

経済 トピックス



   

西安初の蔦屋書店がオープン

人民網日本語版

2021/03/31

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携