中国第一線の医療関係者がワクチン接種をほぼ完了

CRI online    2021年3月30日(火) 14時40分

拡大

国家衛生健康委員会は29日、「第一線に立つ全国の医療関係者のワクチン接種がほぼ終わった」と明らかにしました。

国家衛生健康委員会は29日、「第一線に立つ全国の医療関係者のワクチン接種がほぼ終わった」と明らかにしました。また、『新型コロナウイルスワクチン接種技術ガイドライン(第一版)』が同日発表されました。

各地の衛生保健部門は医療関係者のワクチン接種を加速させており、接種範囲を二級以上の病院から末端の医療機関へと拡大しています。全国の医療関係者の接種は「接種する必要がある場合はすべて接種できる」という原則に基づき進められます。黒竜江省では黒河市、綏芬河市など国境に近い都市ですべての医療関係者の接種を終え、現在は農村部の医療関係者の接種に力が入れられています。武漢市華中科学技術大学付属協和病院は第1陣の医療関係者2200人の接種を終えた後、臨時接種エリアを設置し、後方勤務や管理部門の職員を対象に接種を行っています。

『新型コロナウイルスワクチン接種技術ガイドライン(第一版)』はワクチンの使用対象、免疫プロセス、接種の禁忌などについて新たな規定を設けた他、60歳以上の高齢者、出産適齢期と授乳期の女性、慢性病患者に対して、接種に関する具体的意見を出しているということです。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携