中国とアラブ連盟が「データセキュリティー協力イニシアティブ」を発表―中国メディア

人民網日本語版    2021年3月30日(火) 15時40分

拡大

中国外交部の馬朝旭副部長は29日、アラブ連盟とオンライン形式で中国・アラブ連盟データセキュリティー会議を開き、「中国・アラブ連盟データセキュリティー協力イニシアティブ」に署名した。資料写真。

中国外交部の馬朝旭(マー・チャオシュー)副部長(外務次官)は29日、アラブ連盟とオンライン形式で中国・アラブ連盟データセキュリティー会議を開き、「中国・アラブ連盟データセキュリティー協力イニシアティブ」に署名した。新華社が伝えた。

双方は中国とアラブ連盟の関係の発展を高く評価。馬副部長は、「昨年、中国・アラブ連盟協力フォーラム第9回閣僚級会議が成功裏に開催され、習近平国家主席が祝賀メッセージを寄せて、双方の政治的関係の新たな一章を開いた。中国はアラブと共に、双方の戦略的パートナーシップに新たな意味を与え、志を同じくし、発展・繁栄する中国・アラブ運命共同体を連携して築いていきたい」とした。

双方は、「デジタル経済が急速に発展し、データ及びサイバーセキュリティー上のリスクが突出する現在、『中国・アラブ連盟データセキュリティー協力イニシアティブ』の合意には重要で特別な意義があり、デジタル分野での双方の戦略的相互信頼と実務協力が新たな段階に入ったことを示している」との認識で一致した。また、これを契機に協力を深め、グローバル・デジタル・ガバナンスと国際ルールの制定を共に後押しする意向を表明した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携