モンゴル国ドンドゴビ県、激しい砂あらしで家畜40万頭が死亡・行方不明―中国メディア

人民網日本語版    2021年3月30日(火) 14時50分

拡大

モンゴル国ドンドゴビ県の政府関係者は29日、3月中旬からの激しい砂あらしで同県は深刻な被害を受けており、家畜約16万頭が死亡したほか、約23万頭が依然として行方不明のままであることを明らかにした。

モンゴル国ドンドゴビ県の政府関係者は29日、3月中旬からの激しい砂あらしで同県は深刻な被害を受けており、同日の時点で、家畜約16万頭(匹)が死亡したほか、約23万頭(匹)が依然として行方不明のままであることを明らかにした。新華社が伝えた。

ドンドゴビ県政府弁公庁の主任によると、同県では、激しい砂あらしで、468人が行方不明となり、うち9人の死亡が確認された。また、県全域の家畜約370万頭(匹)のうち、約210万頭(匹)が一時行方不明になり、多くの地域で停電や断水が発生、移動式住居・ゲル100張り以上が損壊した。

モンゴル国の気象専門家によると、今年は春に入ってから、例年よりも砂あらしが多く発生し、その強さも深刻になっている。生態専門家は、砂あらしが頻繫に発生すると、被害がさらに大きくなり、悪循環が生じると懸念している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携