三星堆の背後にある考古学経済、一目見たい「古蜀文明」―中国

人民網日本語版    2021年3月31日(水) 10時50分

拡大

四川省広漢市にある三星堆遺跡で最近、6つの祭祀坑が発見され、大量の重要な文化財が出土したことが、改めて世界を驚かせている。

四川省広漢市にある三星堆遺跡で最近、6つの祭祀坑が発見され、大量の重要な文化財が出土したことが、改めて世界を驚かせている。全容解明にはまだしばらく時間がかかりそうだが、「古蜀文明」を追いかけたい人々の考古熱を冷ますことはない。「考古学の世界を追い求めて旅をする」のが、今時の旅行の新たな注目点だ。

■三星堆観光エリアが人気沸騰

3月20日、「考古中国」重大プロジェクト作業進展会は、三星堆遺跡の最新の考古学的発見と考古学研究の成果を発表した。考古学従事者が遺跡で新たに三星堆文化の「祭祀坑」6カ所を発見し、金の仮面のかけら、巨大な青銅仮面、青銅神樹、象牙などの重要文化財500点余りが出土した。三星堆は「考古学会のトップトレンド」になり、今回「一新される」ことにより、一躍全国で最も注目される観光スポットになった。神秘的な古代文明の遺跡をその目で一目見たいと、大勢の観光客が三星堆を訪れている。

こうした動きを受けて、三星堆観光エリアの入場券の予約枚数と検索件数が大幅に増加し、3月20日と21日の2日間だけで、携程プラットフォームを通じて三星堆博物館の入場券を予約した観光客数は前月比12倍近く増加した。3月22日の時点で、Qunar.Comプラットフォームでの三星堆観光エリアの検索件数は19年同期に比べて3.4倍増加し、予約の多い状況は清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)連休まで続く見込みだ。

■三星堆博物館が「じっくり味わう」旅に

これまで四川省成都市の観光コースの中で、三星堆博物館はニッチ市場の観光地に属し、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地と抱き合わせで1日ツアーに組み込まれるのが一般的だった。しかしこのたび「一新され」、地球外文明や中国文明西来説などの可能性について公開の討論が行われると、三星堆に対する人々の認知や好奇心が高まった。こうして三星堆博物館は「じっくり味わう」べき探究の旅の対象に生まれ変わった。

入場券購入者のデータを見ると、展示品の専門的な解説を申し込んだ人は30歳から40歳が中心で、男女はほぼ同数だった。大勢の観光客が飛行機に乗ってでも、神秘に満ちた「古蜀文明」を一目見たいと考え、購入者の居住地を見ると、約5割が四川省内からの観光客で、それ以外では江蘇省、北京市、広東省、重慶市、上海市からの観光客が多かった。四川省内の重要な博物館数館も大きな注目を集め、人気ランキング上位3館には成都博物館、金沙遺跡博物館、成都武侯祠博物館が並んだ。

メディアの報道によると、三星堆博物館と四川省文化財考古研究院は開放型の文化財保護修復館を共同建設しているところで、予定では4月にテスト運営を行ない、5月18日に正式にオープンすることになっている。

■土器のブタが「アングリーバード」キャラそっくりでネットの人気者に

三星堆がネット全体で注目を集めると同時に、関連のクリエイティブグッズにも人気が出ている。

三星堆博物館の微博(ウェイボー)には400万人以上のファンがいて、それ自体がすでにれっきとした「ネットの人気者」だ。ネットユーザーが新たに発見された6つの祭祀坑を「6つのブラインドボックスを開けたみたい」とクリエイティブに表現したことから、「三星堆遺跡で6つのブラインドボックを連続オープンした」との話題もネットでよく検索されるようになった。

クリエイティブグッズも同時に人気を集め、最近は売り上げも大きく伸びている。一番人気は「三星堆祈福神官」と銘打ったブラインドボックスだ。代表的な文化財である円形の金仮面、青銅の鳥、大立人像、縦目仮面、平頭金仮面の5点をモチーフにした小さな玩具が入っており、オリジナルの四角い頭部や大きな耳といった特徴が再現されていて、かわいらしさに「萌える」。素材はポリ塩化ビニルだが、質感は青銅に似ており、緑青までリアルに再現されている。

また最近は、土器のブタをモチーフにした樹脂製のマグネットがファンの間で新たな人気者になった。考古学的調査で発掘された土器のブタは、モバイルゲーム「アングリーバード」に出てくる敵キャラクターの緑のブタの顔に似ていることから、「ネットの人気者」になった。この土器のブタが出土した連合遺跡は、三星堆古城遺跡周辺の重要な集落の1つとみられることが注目される。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携