高速鉄道車内で喫煙した乗客、「警察にぶたれた」と大声で言いがかり―中国

Record China    2021年4月1日(木) 23時0分

拡大

中国版ツイッター・微博で30日、広東省から貴州省に向かう高速鉄道の車内で、乗客が「警察にぶたれた」と言いがかりをつける騒ぎがあったことが報じられた。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で30日、広東省から貴州省に向かう高速鉄道の車内で、乗客が「警察にぶたれた」と言いがかりをつける騒ぎがあったことが報じられた。これに中国のネットユーザーからさまざまな声が上がっている。

微博アカウント・頭条新聞によると、問題の乗客は車内で公然と喫煙しており、警察が違法行為であることを告げて取り調べをしようとしたところ、通路に座り込んで「警察にぶたれた」と大声を上げた。だが、周囲の乗客はこの行動を集団で非難。警察はその後の乗客の態度が比較的良かったことを踏まえて、500元(約8400円)の行政罰としたという。

これに対し、中国のネットユーザーは「恥ずかしい行為」「たった500元?」「甘すぎる。だからこういう人が警察を怖がらなくなるんだ」「まずは乗車禁止にすべきではないだろうか」などと反応し、「これって広告みたい。高速鉄道での喫煙、警察に無実の罪を着せる行為は1人500元ってね」とのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携