清明節の墓参りピークを迎えた北京、「水に溶ける」墓参り用品が人気に―中国

人民網日本語版    2021年3月30日(火) 9時50分

拡大

北京では27日、清明節の墓参りがピークを迎えた。そして八宝山老山骨灰堂が新たに打ち出した「水に溶ける」タイプの墓参り用品が、墓参りをする家族の間で人気を集めている。

北京では27日、清明節の墓参りがピークを迎えた。そして八宝山老山骨灰堂が新たに打ち出した「水に溶ける」タイプの墓参り用品が、墓参りをする家族の間で人気を集めている。中国新聞網が伝えた。

これらの水に溶ける墓参り用品には、先祖に手向けるメッセージを書く紙や墓に供える造花などがあり、特殊な素材を使い、各種製造技術を融合させた水に溶ける環境保護タイプの紙で作られている。故人を偲ぶ家族の気持ちを託すための選択肢がより多く提供されているだけでなく、環境に優しい葬儀やエコな墓参りにより多く配慮されるようになっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携