新疆、高齢者のスマート端末使用を支援

CRI online    2021年3月29日(月) 14時0分

拡大

高齢者のスマート技術利用における困難を解消するため、新疆ウイグル自治区の関係部門は高齢者の日常生活に焦点を当て、多数の措置を打ち出して高齢者に適したスマートサービスを推進しています。

高齢者のスマート技術利用における困難を解消するため、新疆ウイグル自治区の関係部門は高齢者の日常生活に焦点を当て、多数の措置を打ち出して高齢者に適したスマートサービスを推進しています。

例えば、行政サービスや公共資源取引センターの医療保険窓口、銀行のロビーなどにサポートスタッフを配置し電子機器の操作方法を案内したり、「現金専用窓口」を設けて現金を使う高齢者にサービスを提供したりしています。

「スマートサービスを推進するには、高齢者のニーズに適応しなければならない。スマート機器が高齢者の日常生活に支障をきたすことのないよう」という国の要求に従い、新疆ウイグル自治区は高齢者の日頃の外出、診療、消費、娯楽、行政業務などで、高齢者に適したスマート端末製品の供給を拡大し、インターネットの改造を推進し、高齢者のデジタルデバイド解消を目指しています。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携