北京大興空港から新型コロナワクチン搭載の国際便第1便が出発―中国

人民網日本語版    2021年3月29日(月) 9時20分

拡大

26日、北京大興国際空港から新型コロナウイルスワクチンを搭載した国際チャーター便第1便が出発した。

26日、北京大興国際空港から新型コロナウイルスワクチンを搭載した国際チャーター便第1便が出発した。新華網が伝えた。

同機には科興(シノバック・バイオテック)社製の新型コロナワクチン150万回分が搭載され、中国南方航空が輸送を担当し、カンボジアの首都プノンペンまで運ばれる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携