米国はなぜ「新疆」カードで中国をたたくのか―中国メディア

Record China    2021年3月28日(日) 11時30分

拡大

26日、海外網は、米国が新疆ウイグル自治区の問題を持ち出して「中国たたき」を強める理由について、崔天凱(ツイ・ティエンカイ)駐米中国大使のコメントを報じた。

2021年3月26日、海外網は、米国が新疆ウイグル自治区の問題を持ち出して「中国たたき」を強める理由について、崔天凱(ツイ・ティエンカイ)駐米中国大使のコメントを報じた。

記事は、米アンカレッジで18日から2日間行なわれた米中高官による戦略対話が世界から注目を集め、対話の中で「きな臭い」論戦が繰り広げられたと紹介した上で、崔大使が26日夜に中国の報道番組に出演し、同対話の詳細や米国の対中政策についての見解を述べたことを伝えた。

崔大使は「なぜ米国は実に多くの虚構を持ち出してまで『新疆カード』を切ってきたのか」とするキャスターの質問に対し、「米国やその他一部諸国の一部の政治勢力が中国を抑え込み、分裂させようとする意図の表れなのだ。それ故コストを惜しまず、際限もなくありとあらゆる荒唐無稽なデタラメを生み出し、国際的な発言権を利用して至る所にまき散らしている」と語った。

また、25日にCNNの記者に対して「あなたたちはかつてのイラクの大規模殺傷兵器問題、その後のシリアやリビアの問題について、今語る勇気があるか。これらが全て捏造(ねつぞう)であることを、事実が証明している」と問い詰めたことを明かした。

さらに、「米中は新たな冷戦に入ったと言う人がいるが」との質問に対しては「そうは思わないし、そのような状態になってはならない」と回答。米中間は「衝突せず、対抗せず、互いに尊重し合い、協力して相互利益を得る」という精神に立って両国関係を処理すべきであり、「それは世界に対する責任、両国民の利益に対する責任ある態度でもある」と述べた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携