韓国人女性が羽生結弦の右腕を見て号泣!?その理由は…

Record China    2021年3月27日(土) 13時20分

拡大

韓国のインターネット上にこのほど、「羽生の腕を見て思ったこと」と題する韓国人女性のブログが掲載された。

韓国のインターネット上にこのほど、「羽生の腕を見て思ったこと」と題する韓国人女性のブログが掲載された。

フィギュアスケートの羽生結弦の大ファンだという女性は、最近の羽生の写真を見ていて「右腕の血管がひどく浮き出ていること」に気づいたという。女性は「痩せ型で色白、運動をたくさんする人はもともと血管が目立ちやすいものだけれど、少し前の羽生と比較すると血管の見え方も腕の太さも明らかに違っている」とし、「数カ月の間にどれだけの筋トレを積み重ねたのだろうか」と想像。「私が通っていたジムのトレーナーもあんな腕ではなかった。その体が羽生の努力を物語っている」と熱弁している。女性はこうした羽生の苦労を想像するだけで心を打たれ、涙が出るのだという。

さらに、「羽生の演技を初めて見たときのことを思い出した」とし、「体を空中に放り出すようなジャンプに衝撃を受けた」と振り返っている。そのジャンプから、「自分の体を犠牲にしてフィギュアスケートに命を懸ける」思いを感じ取り、それから演技を見るたびに「切なくてしんみりしてしまう」のだという。羽生はすでに多くの大会で輝かしい成績の数々を残しているため「後は楽に暮らせばいいのにと思うこともある」としつつも、「挑戦をやめず、決しておごらず、不思議なほど謙虚な羽生だから好きになった。彼は今もフィギュアスケートを愛していて、初めてフィギュアスケートを習った子どもが楽しんで滑っているようだ。だから私はその演技を見ると楽しくなり、幸せになる」と複雑な心境を吐露。最後には「いつか羽生も引退するだろうけれど、羽生が見られなくなるなんて考えただけでつらい。時間が止まってほしい」という切実な思いもつづっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携