「雲」を売るビジネス、クモキューブ販売で年間1700万円を稼ぐ男性―中国

人民網日本語版    2021年3月29日(月) 10時50分

拡大

中国の男性が「雲」を売るビジネスで年間1700万円を稼いでいる。

(1 / 4 枚)

綿菓子のような雲やうろこ雲など、青空に広がる雲を見て、「癒された」という経験がある人も多いだろう。90後(1990年代生まれ)で、浙江省出身の男性・瑜公瑾さんは、浙江大学物理学部を卒業した後、北京へ上京。ある時、夕焼け雲を偶然見かけた時から、雲のとりこになったという。そして、2019年に、ネットを通して、透明のエポキシ樹脂の中に「雲」を封入したプロダクト「クモキューブ」を作る方法を学び、それを販売するビジネスを始めた。瑜さんによると、同商品はすでに30~40万個売れたと言い、購入者から「出産後の大変な時に、毎日、太陽の光に当てながら見ると、とても気分が良くなった」「家の中で空を楽しめるなんて、とても幸運」など、感謝するメッセージが寄せられているという。揚子晩報が伝えた。

その他の写真

瑜さんは以前、北京で、スマート照明関連の仕事をしていて、「北京での生活はとても忙しく、ゆっくりと空を見る暇もない。2015年のある日、偶然窓の外に広がる夕焼け雲を見て、そのあまりの美しさに驚嘆して、雲に魅了された」と話す。

そして、「『クモキューブ』は、エポキシ樹脂でキューブを作り、その中に特殊な綿の繊維で作った雲を封入している。入っているのは、それぞれ空に浮かぶ雲そのもの、ふわふわしていて、とてもかわいらしい」と説明した。

「中国ではこのようなプロダクトを大量に生産している業者はまだ少ないことが分かり、昨年、仕事をやめ『雲』関連の商品を販売するオンラインショップを立ち上げた。『雲』を売るというコンセプトのビジネスがこれほどうまくいくとは予想外だった。特に、記念日などがある時期になると、注文がとても多くなる」という。

瑜さんは、運営から、商品企画、宣伝文句、パッケージデザインなどまで、全てを一人で手掛け、さらに、雲の写真を撮影すると雲に関する知識を検索できるAIミニプログラムまで自作してしまった。約1年の間に瑜さんは「クモキューブ」を数十万個作り、30~40万個販売した。さらに、関連商品も販売しており、年收は100万元(約1700万円)に達している。

瑜さんが作る「クモキューブ」は1個約20元(約340円)で、1セットなら約200元(約3400円)。ショップでは、その他、「雲カレンダー」、「雲ブックマーク」、「ツキキューブ」なども販売している。商品を購入するのは、カップルや妊婦、学生などで、「好きな人への思いを伝えたるために購入する人もいれば、癒しを求めて購入する人もいる」という。

瑜さんは、「客は単に『雲』を買っているのではなく、都市で生活する人の、スローライフやのんびりした生活にあこがれる思いを抱いてのことだと思う。また、遠距離恋愛する人が、相手への気持ちを伝えるために買う人もいる。僕の作る『雲』を通して、一人でも多くの人に、温かさを届けたい」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携