中国初のブロックチェーン関連技術体系が北京で応用―中国メディア

人民網日本語版    2021年3月29日(月) 13時50分

拡大

中国独自のもので制御可能なブロックチェーン・ソフトウェア・ハードウェア一体型技術体系の応用シーンはすでに食品のトレーサビリティー、サプライチェーン金融、炭素取引などの分野に及んでいる。資料写真。

北京市海淀区が24日に明らかにしたところによると、中国独自のもので制御可能なブロックチェーン・ソフトウェア・ハードウェア一体型技術体系「長安チェーン」の応用シーンはすでに、食品のトレーサビリティー、サプライチェーン金融、炭素取引などの分野に及んでいる。これは中国で開発された初の独自のもので制御可能なブロックチェーン・ソフトウェア・ハードウェア一体型技術体系であり、北京で大きく応用されている。中国新聞社が伝えた。

長安チェーンは独自のもので制御可能なブロックチェーン専用加速チップと、演算速度が世界トップの毎秒10万件以上に上るブロックチェーン基礎ソフトウェアプラットフォームに基づくもので、その演算速度と安全性のダブル向上を実現した。

長安チェーンは独自のもので制御可能、柔軟な組み立て、ソフトウェア・ハードウェア一体化、オープンソースという大きな特徴を持つ。北京微芯研究院、清華大学、北京航空航天大学、テンセント、百度などの有名大学と企業が共同で開発した。

長安チェーンの応用シーンはすでに、食品のトレーサビリティー、サプライチェーン金融、炭素取引などの分野に及んでいる。さらにデジタル人民元との融合とイノベーションにより、デジタル経済の質の高い発展を促進する。例えば長安チェーン基礎技術に基づく「北京コールドチェーン」食品のトレーサビリティープラットフォームは、コールドチェーン食品の生産元、流通、倉庫保管、消費などの各段階のデータリンクを1コードでつなげる。

データによると、北京コールドチェーンは21日の時点で累計3万9176品種、8万1492ロット、104カ国及び国内すべての省級行政区の39万3000トンの流通コールドチェーン製品を記録している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携